nest design

DIYで子供室を防音工事

我が家の3階の子供室にはアップライトピアノがあるのですが、子供が音楽の道を志すことになったのでグランドピアノ に買い換えることとなりました。
練習量も増えて音も大きくなってしまうので、防音工事をDIYで行うことにしました。
民間同士の騒音レベルを決めた法律は、日本では存在しません。しかしお互いのマナーとして、防音対策をしておくことが望ましいのは言うまでもありません。防音対策の目安としては、各市町村の条例などで確認してみるのがいいと思います。京都市では騒音の規制基準というものがあります。これは事業所用に適応されるもので民間に適応されるものではありませんが、騒音を出す側の基準として利用されています。


私の住んでいる地域は第1種住居地域ですので「第2種区域」ということになります。
夜中にはピアノは弾かないので、45dBまでに抑えれば基準値をクリアすることになります。
つまり90dB-45dB=45dBの防音対策のDIYをすることにしました。

以下のような工事項目です。

  • 窓に関しては最上等級T-4の防音サッシにて内窓施工(二重窓)
  • 室内引戸に関しては防音枠を取り付け
  • 床に関しては等級ΔLL-3のカーペット貼り
  • 壁に関してはウレタン厚50、床材カーペット貼り、分厚目のカーテン
  • 換気扇に関しては密閉枠の取り付け
  • ピアノには防音防振高級インシュレーター

既存の建物に防音性能を持たせるので、防音等級を参考に騒音レベルを推定します。
あとは実際にピアノを弾いて騒音レベルを測定します。

造作家具解体前造作家具解体アップライトピアノ搬出グランドピアノ搬入 C3Sクラス
新設防音枠新設クローゼット換気扇カバーコルク壁

騒音計

騒音測定結果

3階の子供室では85~90dB程度の騒音がありますが、窓外で45~50dBまでにレベルが落ちていました。2階のリビングでも45dBでした。
隣家との境には目隠しルーバーもあり多少の距離もありますので、距離減衰などで45dB程度になっているようです。
激しい曲などは昼間に弾くとして、夜はカーテンを閉めて穏やかな曲の練習が良いみたいです。

音というのは慣れというのもありますので、防音対策が出来たとしても小さい音なりに気になってしまうこともあります。
近隣に出来るだけ迷惑を掛けないように、演奏時間を決める、早朝や夜遅くの演奏はしない等の取り決めが必要です。
また、見かけたら挨拶をして会話をするなどの良好な人間関係を作っておくことも大切なことです。

最近は新型コロナで人との接触を控える日々が続いています。家の中で過ごすことが多くなり、ピアノなどの楽器を演奏される方も増えたということです。リノベーションなどで防音室を作ることも可能ですので、お気軽にご相談ください。

DIY防音室完成しました! – Spherical Image – RICOH THETA

改装前はこちらをご覧ください

事務所概要 Atelier

一級建築士事務所 ネストデザイン
杉本 考次
京都市北区紫竹西南町63-7
TEL:075-493-8020
FAX:075-493-8021
E-mail:info@nest-design.net

カテゴリー

月別アーカイブ