nest design

高野川の家

全面的にリニューアルしました。材料は地元の桧と杉で構成し、京都らしい和風の外観で地域性を重視しています。住宅密集地なので両隣は近接して建っているため、既存のままとしています。工事等があった時にメンテナンスを行う必要があります。玄関ホールからLDKまでにつながりを持たせるために開き戸から引き戸とし、欄間ガラスで天井を一体化しています。玄関は暗かったので、全面格子引違い戸とし和の風格を与えました。網戸付きなので夏は快適に過ごせます。キッチンプランが悪くLDKを真っ暗にしていました。和室は小上がりで一室とし、東からの明かりを存分に取り入れています。
キッチンは西端に設置し全てが見渡せるようにしました。料理が得意の奥さんは大喜びです。収納と広さと明るさが欲しくて、南壁に長さ10メートルを超える吊棚を設けました。収納力抜群ですが狭苦しさはありません。和室は多目的に使用されています。主に子育て保育サポートや宴会、趣味の場に大活躍です。掘座卓は畳和室に模様替えができます。障子横の袖壁に、天板と替畳が収納できるようにしています。和室下は引出しを設けています。上がり框に腰掛けると椅子席と同等の視線高さになりコミュニケーションができます。
天井とLEDの間接照明が広さを演出しています。キッチンとの仕切り家具、ダイニングテーブルと椅子は、家具作家の息子さんの作品。調理機器と食品、食器などが入っています。一番散らかって行く場所をしっかり押さえて設計しています。以前はLDKから便所を出入りしていましたが、洗面所から入口を設けました。全て引き戸で使いやすさ抜群です。正面壁をふかしてニッチ棚を設けています。お施主さんは息子さんの家具に囲まれて心から幸せそうです。2階の寝室も改装しています。また建物全体の耐震改修も行っています。

概要

– 木造3階 和風リノベーション –

 施主夫婦はご定年を期に、第二の人生をリフレッシュした環境で、暮らしていきたいとご要望されていました。ご主人さまは書道やそば打ち、おくさまはお得意の料理や裁縫を楽しく出来るスペース、そして、二人で子育てサポートの仕事も出来るように希望されていました。2階と3階は主寝室と息子さんの個室なので、1階にその機能を盛り込んでいくことになります。

 施主と話し合って追求したものは、開放性と明るさ、そして心が和む憩いの空間でした。改装前のLDKは昼間でも真っ暗で、中央にあるキッチンが部屋全体に影響していて、ダイニングテーブルは部屋の隅の方に位置していました。住い手としても、工夫の余地があまりない間取りだったと思います。

・・・解体を行った結果、想定していたより耐震性能は低く、雨水の侵入で壁体内部が腐朽していることが分かりました。想定外の工事が入りましたが、適切な設計と各施工業者の尽力により、耐震性、耐久性、使い勝手に至るまで、新しい息吹が与えられ、生まれ変わることができました。

施主様と話し合って追求したものは開放性と明るさ、そして心が和む憩いの空間でした。

建築概要

用途専用住宅
所在地京都市左京区
規模改装床面積70㎡(42坪)
竣工2012年2月
施工大森工務店