nest design

ブログ Blog

2013年10月

既存建築物解体工事

着工までに随分と日にちが掛かってしまいましたが、亀岡の家の既存建物の解体工事に入っています。木造平屋建てなのでそれほど大変な解体ではありません。 11月に入ってから土工事(基礎地盤の掘削)に移っていきます。

当ブログで工事レポートを掲載していきますので宜しくお願いいたします。

解体足場掛け

解体足場掛け

ウィリアム・メレル・ヴォーリズ 生誕133周年

今日10月28日は建築家・ウィリアム・メレル・ヴォーリズの生誕記念日です。・・・私が建築をするときの基本スタイルは和風です。建築は土着的(バナキュラー)であるべきだと考えているからです・・・ という訳で基本的に洋風建築物は日本風土に合わないと思っているのですが、滋賀県・京都に多く残存する「ヴォーリズ建築」は好きな部分があります。洋風ながらどこか和風の視点で解釈している空間は、おおらかで優しい雰囲気が漂っています。
京都・滋賀にお越しの時は是非訪れて下さい。

Vories

事務所から歩いて行ける 賀茂川教会(昭和27年)

ヴォーリズ建築は住宅、教会、学校などが数多く残存しており、案内サイトもたくさんあります。以下抜粋です。
ヴォーリズ記念館
ヴォーリズ委員会
ヴォーリズ建築案内
ヴォーリズを訪ねて
ヴォーリズの近代建築

住宅耐震診断および耐震改修の進め

東日本大震災においても多くの木造住宅が被害に合いましたが、今後、東・東南・南海地震、日本海溝地震、首都圏直下地震などが起こると言われています。
政府の地震調査研究推進本部が発表した今後30年以内に震度6弱以上が起こる「地震発生確率の予想ランキング」では奈良市が4位(70.2%)、大阪市では8位(62.8%)と近畿圏でも危険性が指摘されています。(京都市では伏見区で55%)
京都は古の都だから地震は起こりにくいと思っている方も少なからずいらっしゃるようですが、京都大学防災研究所によると「歴史的には、京都も度々、大地震の被害に遭っている」とし「京都市南部を中心に、今後30年以内に震度6弱以上の揺れに見舞われる可能性がある」と警告しています。京都府南部で大きな被害を出した直下型地震は、残存する記録で振り返ると、827年(M6.8)、976年(M6.7)には山城・近江地震があり、この前後には京都府南部を震源地とした6回もの強震(M6~M7)が起きています。その後、1185年(M7.4)文治京都地震、1245年、1299年、1317年(M6.5~7)、1449年(M6.5)山城・大和地震、1520年(M7以上)には紀伊・京都地震、1596年(M7.5)には慶長伏見大地震で、豊臣秀吉が築いた伏見城の天守閣が大破して多数の死者を出しています。そして1662年(M7.5)には寛文近江・若狭地震が起こり1830年(M6.5)京都地震と続きました。このように記録を振り返るとおおよそ50年から170年に1度は起きていたということになるのですが、1830年の京都地震以後は180年以上起きていないのです。以上の観点からも分かるように、耐震診断と耐震改修を行っておくことは我が身を守る上で大変重要なことなのです。

木造住宅に住まわれている方は「誰でも出来るわが家の耐震診断」という無料コンピューター診断がありますので、まずは現況の状態を知っておかれるとよいでしょう。当事務所は耐震診断士有資格ですのでご相談も受け付けています。

出典:京都市の災害の歴史京都府地震調査研究推進本部古地震ネット 他

2013-10-18 16.19.54

確率論的地震動予測地図(近畿版)より

事務所概要 Atelier

一級建築士事務所 ネストデザイン
杉本 考次
京都市北区紫竹西南町63-7
TEL:075-493-8020
FAX:075-493-8021
E-mail:info@nest-design.net

カテゴリー

月別アーカイブ