nest design

ブログ Blog

紫竹の家(子供室改築)

DIYで子供室を防音工事

我が家の3階の子供室にはアップライトピアノがあるのですが、子供が音楽の道を志すことになったのでグランドピアノ に買い換えることとなりました。
練習量も増えて音も大きくなってしまうので、防音工事をDIYで行うことにしました。
民間同士の騒音レベルを決めた法律は、日本では存在しません。しかしお互いのマナーとして、防音対策をしておくことが望ましいのは言うまでもありません。防音対策の目安としては、各市町村の条例などで確認してみるのがいいと思います。京都市では騒音の規制基準というものがあります。これは事業所用に適応されるもので民間に適応されるものではありませんが、騒音を出す側の基準として利用されています。

blank
私の住んでいる地域は第1種住居地域ですので「第2種区域」ということになります。
夜中にはピアノは弾かないので、45dBまでに抑えれば基準値をクリアすることになります。
つまり90dB-45dB=45dBの防音対策のDIYをすることにしました。

以下のような工事項目です。

  • 窓に関しては最上等級T-4の防音サッシにて内窓施工(二重窓)
  • 室内引戸に関しては防音枠を取り付け
  • 床に関しては等級ΔLL-3のカーペット貼り
  • 壁に関してはウレタン厚50、床材カーペット貼り、分厚目のカーテン
  • 換気扇に関しては密閉枠の取り付け
  • ピアノには防音防振高級インシュレーター

既存の建物に防音性能を持たせるので、防音等級を参考に騒音レベルを推定します。
あとは実際にピアノを弾いて騒音レベルを測定します。

造作家具解体前造作家具解体アップライトピアノ搬出グランドピアノ搬入 C3Sクラス
新設防音枠新設クローゼット換気扇カバーコルク壁

騒音計

騒音測定結果

3階の子供室では85~90dB程度の騒音がありますが、窓外で45~50dBまでにレベルが落ちていました。2階のリビングでも45dBでした。
隣家との境には目隠しルーバーもあり多少の距離もありますので、距離減衰などで45dB程度になっているようです。
激しい曲などは昼間に弾くとして、夜はカーテンを閉めて穏やかな曲の練習が良いみたいです。

音というのは慣れというのもありますので、防音対策が出来たとしても小さい音なりに気になってしまうこともあります。
近隣に出来るだけ迷惑を掛けないように、演奏時間を決める、早朝や夜遅くの演奏はしない等の取り決めが必要です。
また、見かけたら挨拶をして会話をするなどの良好な人間関係を作っておくことも大切なことです。

最近は新型コロナで人との接触を控える日々が続いています。家の中で過ごすことが多くなり、ピアノなどの楽器を演奏される方も増えたということです。リノベーションなどで防音室を作ることも可能ですので、お気軽にご相談ください。

DIY防音室完成しました! – Spherical Image – RICOH THETA

改装前はこちらをご覧ください

ロフトのある子供室 作品集にアップしました

うんていで遊ぶ子供

久し振りに作品の編集を行い、今日は「紫竹の家~子供室」をアップ致しました。図面からBeforeとAfterの比較写真なども掲載しておりますので、どのように変貌したのか分りやすいようにしてあります。
ぜひこちらをご覧ください → 『紫竹の家~子供室
子供室は夢を膨らませる空間であって欲しいものです。それと大人になっていくための訓練の部屋でもあるべきだと考えています。
竣工してから早半年が経ちました。現時点で気付いたことを特記したいと思います。

【良かったこと】

  • ロフトの寝室は、ふとんが引きっぱなしでも気にならない。(教育上は毎日たたんで週末毎に干すように言い聞かせる)
  • 自分のクローゼットを持つことによって衣服の整理整頓ができる。
  • 親の管理ではなく子供の管理となる。(なかなか大変ですが・・・)
  • 1.6mの共通の机は二人で仲良く使うことが出来る。
  • うんていは時々遊んでいる。(特に友達が来ているとき)
  • どちらかといえばハンガー的役割が多くなる。
  • ペアガラスに交換して断熱性が上がった。
  • 無垢の杉と桧、珪藻土の空間は大変居心地が良いようだ。
  • ロフトがあり容積が増えることにより、気持ち的にも解放される。
  • 天窓により広間は大変明るく、夏は風が抜けて3階は涼しい。

【検討すべきところ】

  • 真夏のロフトは暑い。(空調を設けていない)真夏以外は過ごしやすい。
  • 子供室があっても宿題などは居間でやる場合が多い。
  • 勉強道具の移動が散らかる原因になっていたりする。
  • ピアノが子供室にあると居間的には良いのだが、子供の練習量が落ちる。今後も子供の成長と共に、子供室や居間のあり方などを学んでいきたいと思います。

紫竹のいえ ~子供部屋 【竣工】

いろいろと検討した結果、最上階なので天井をぶち抜きロフトを設置することにしました。階段上の吹き抜けを収納(クローゼット)にして、当初あった収納(クローゼット)はピアノ置き場に変貌させました。東側の二間ある窓面には造作家具(机・収納・本棚・クローゼット)を設けコンパクトに納めています。

部屋の仕様としては造作家具から建具に至るまで全て無垢材としています。
壁には麻入りの珪藻土を塗りました。地場産の杉や桧をふんだんに使っていまして、住み心地や香りなどは抜群です。

blankblankblankblank
blankblankblankblank
blankblankblankblank
blankblankblankblank
blankblankblankblank

(整理したものをまとめて作品集にアップしたいと思います)

紫竹のいえ ~子供部屋 【施工前】

わが家の子供部屋の改装工事です。

子供に与えられる空間は6帖の3階の部屋しかありませんでした。ベッドと机一台、本棚を配置すれば目一杯です。

ここに姉妹二人が勉強し、習い事(ピアノやバレエ)の練習や友達を招いたりする空間を作ることは出来るのだろうか・・・?

もちろん衣類の収納や、寝るスペースも余裕が欲しいです。

blankblankblankblank

(竣工写真は次回)

子供室リフォーム オープンハウスご来場の御礼

本日、紫竹の家~子供室のオープンハウスに沢山の方に来て頂きました。
この場を借りて御礼を申し上げます。
また機会があればよろしくお願いいたします。

紫竹の家 子供室オープンハウス

7月10日午前10時~午後6時までオープンハウスを開催致します。

狭い子供室を子供が独立するまで、いかに効率よく、良い思い出の作れる部屋にするか。
沢山の要望を叶えるために寸分の無駄も省きました。

解決策の一つとして今回はロフトを作っています。最上階であれば屋根裏を利用することも可能です。
他にも至る所に仕掛けを作っていますのでご興味のある方はお問い合わせフォームにてお申し込みください。折り返し詳細をご連絡させていただきます。

興味のある方は是非お越しください

子供室リフォーム 記念パーティー

わが家の子供室のリフォームをやっていまして、昨日は子供関係の友人や先生に、ホームパーティーを兼ねたお披露目をしていました。
いつも何かある度に親子で集まる仲良しメンバーです。

子供は騒ぎ、父達、母達も集まってそれぞれの話に花を咲かせていました~^^

パーティー用料理

パーティー用料理

子供コーナー

子供コーナー

事務所と駐車場

事務所と駐車場

遊び回る子供たち

遊び回る子供たち

紫竹の家~子供室 に関しては近々竣工写真をアップいたします。

杉無垢の建具

3月より子供室改装工事をやっていまして、今日建具が入りました。インテリアは杉・桧・松の無垢一等材(節がある材)で構成していたので、建具も杉節有り無垢材としました。木製建具は反ると枠に当たったり隙間が大きくなったりします。ですから無節の良材を使用することになるのですが、無垢で無節だとかなり高級なものとなってしまいます。

自宅ということもあり杉節有り無垢材の建具としています。安価と言うこともかなりな魅力なのですが、インテリアや質感も良いものです。使ってみて様子を見てみようと思います。

blankblank

竣工写真はこちら→『紫竹の家』子供室

子供室参考写真は→『鴨川の家』子供室

事務所概要 Atelier

一級建築士事務所 ネストデザイン
杉本 考次
京都市北区紫竹西南町63-7
TEL:075-493-8020
FAX:075-493-8021
E-mail:info@nest-design.net

カテゴリー

月別アーカイブ