nest design

ブログ Blog

町家・民家

飛騨高山と白川郷

先週末に飛騨高山と白川郷の町並みを探索して来ました。
高山の町並みは、江戸末期から明治中期に建てられた屋敷が立ち並んでいます。伝統的建造物群保存地区内は「飛騨の小京都」と呼ばれています。
高山のメインとして日下部民芸館を見学に行きました。
飛騨の匠が創り出した見事な町家建築は、総檜造りで巧みな技術でありながらダイナミックな空間でした。
また、白川郷の荻野地区は世界遺産にも登録されている超有名な集落で、大小100棟余りの合掌造りが数多く残り、今も人々の生活が営まれています。
山も色付いて綺麗な町並みを堪能できました。

飛騨高山の町並み日下部民芸館 ファサード日下部民芸館 吹き抜けの梁組み日下部民芸館 土間と囲炉裏
白川郷 長瀬家住宅白川郷 和田家住宅白川郷 和田家の2階白川郷の町並み

京町家相談員の更新研修

昨日、京町家相談員の更新研修がありました。
京町家を活用するにあたっての京都市条例(建築基準法3条の適応除外)についての講習でした。
座学と現場見学があったのですが、上京区の明治時代の京町家(蔵は1700年代)の改修工事でした。敷地は500㎡、建物は300㎡という街中では非常に大きい屋敷でした。
元は糸屋で、昭和時代に眼科医院となり平成12年に廃業されて京町家を活用してもらえる人に売却されました。現在は大阪の不動産業者が所有されています。
宿泊施設2部屋と、寿司屋・割烹料理店、バーが入る複合施設に変身しておりました。
ここまで合法的に改修出来ることを確認しました。平成27年より手続きが整備されて条例が使いやすくなっています。と言いましても木造京町家の利用は8件しかないようです。
京町家も随分と活用の道が開けて来ていることを感じる内容でした。

表構え宿泊施設と庭茶室と蔵二の蔵
おくどさん火袋割烹料理店寿司屋

五條市五條新町の町並み

日曜日に奈良県の「五條市五條新町」の商家町を見学に行きました。
町場(宿場)を起源とする「五條」と、二見城(現存せず)の城下町に由来する「新町」の地区からなっています。90メートルある新町通りには文化財指定の江戸時代の町家、蔵や寺社が残っています。喫茶店や旅館、まちや・まちなみ施設として活用されている町家もありました。
町並みの保存状態は良いのですが、町家は全住宅の15%くらいでしょうか。人影はまばらで観光客も少なかったですが、今後の発展を期待しています。

栗山家住宅餅商一ツ橋まちや館和食 五條源兵衛
柿本家住宅美容室に活用の町家連棟の町家新町通り西端付近

宇陀松山

先日、奈良県宇陀市にある「宇陀松山」に行ってきました。城下町から商家町として発展し、前面道路に前川という水路が走っている独特の情緒のある町並みです。
宇陀松山に流れる宇陀川は昔、水脈に水銀が含まれていたようです。水銀には不老不死の力があるとされていました。これが宇陀地域で薬が作られた由来で、沢山の薬屋が軒を並べていたとのことです。
町並みは新建材で建てられた住宅も多く、残念な部分も見受けられますが、一見の価値はあるかと思います。日曜日にも関わらず観光客が見当たらなかったのが寂しかったです。

宇陀市松山の町並み千軒舎 まちづくりセンター宇陀市歴史博物館「薬の館」久保酒造 一部表屋造り

旧 和中散本舗

旧東海道の草津宿と石部宿の中間の和中散本舗(旧薬屋)へ行ってきました。主屋の建築は江戸慶長または寛永年間と言われています(役400年前)。
道路側から左より、本陣、店舗、製薬という構成になっています。本陣は天皇や大名の休憩所になっており、建築、欄間、襖絵、庭園とも素晴らしいものです。特に上段の間からみる庭園は国指定となっており、小堀遠州の作品として知られています。
お店には、5件あったと言われる和中散(4件は残存せず)の看板が保存されています。
また、お勝手から入って右側に木製製薬機があります。4mもある大きな車輪は屋根裏にまで届いていて、全国でここのみ保存されている貴重なものです。
現在、旧和中散本舗は第一土曜日のみ公開されています。

旧東海道街道 栗東市六地蔵店舗、勝手と製薬所店舗入口付近木製製薬機
本陣玄関店舗より製薬方面を望む「大角氏」庭園上段の間よりの庭園

美馬市脇町うだつの町並み

先日、徳島県美馬市の伝統的建築物保存地域である「美馬市脇町うだつの町並み」を散策してきました。400m続く「うだつ」の町並みは江戸時代当時の姿を残していて、歩いていると時代錯覚するくらい良かったです。多少、歯抜け状態になっているものの、保存状態は良好だと思います。
この脇町は藍染めの集散地として栄え、大規模で豪壮な小家が軒を並べています。1988年に伝統的建造物保存地区に選定されています。

脇町「うだつの町並み」脇町「うだつの町並み」旧長岡家住宅つるぎ町 旧永井家庄屋屋敷

富田林 寺内町

大阪富田林市富田林の寺内町(じないまち)に行ってきました。町内は南北に六筋、東西に七筋に整然と区画されていて、当時は周囲に土居を巡らしていたらしい。江戸時代以降も商業活動が継続し、在郷町として発展した歴史を持つ。
立派な町屋が数多く存在していて圧巻でした。中でも最も豪壮な杉山家は内部見学もできて、寺内町の歴史などを知ることができます。

城之門筋 左:妙慶寺 右:興正寺旧杉山家住宅主屋の中で最も古い造りの土間部分城之門筋

ならまち

奈良の旧市街地、奈良町に行ってきました。太平洋戦争の戦火を逃れ、古き良き日本の町並みを残す大変美しい町です。その歴史は奈良時代から続いているとのことです。
元興寺旧境内を中心に「ならまち」が拡がっています。
京都の中心街(田の字地区)もここまで町並みが残っていたら、、と思ってしまいます。

ならまちの町並み江戸時代以降の町並みならまちセンター 天井梁組松壽堂 日本最古格の墨匠

事務所概要 Atelier

一級建築士事務所 ネストデザイン
杉本 考次
京都市北区紫竹西南町63-7
TEL:075-493-8020
FAX:075-493-8021
E-mail:info@nest-design.net

カテゴリー

月別アーカイブ