nest design

ブログ Blog

建築現場

DIYで子供室を防音工事

我が家の3階の子供室にはアップライトピアノがあるのですが、子供が音楽の道を志すことになったのでグランドピアノ に買い換えることとなりました。
練習量も増えて音も大きくなってしまうので、防音工事をDIYで行うことにしました。
民間同士の騒音レベルを決めた法律は、日本では存在しません。しかしお互いのマナーとして、防音対策をしておくことが望ましいのは言うまでもありません。防音対策の目安としては、各市町村の条例などで確認してみるのがいいと思います。京都市では騒音の規制基準というものがあります。これは事業所用に適応されるもので民間に適応されるものではありませんが、騒音を出す側の基準として利用されています。

blank
私の住んでいる地域は第1種住居地域ですので「第2種区域」ということになります。
夜中にはピアノは弾かないので、45dBまでに抑えれば基準値をクリアすることになります。
つまり90dB-45dB=45dBの防音対策のDIYをすることにしました。

以下のような工事項目です。

  • 窓に関しては最上等級T-4の防音サッシにて内窓施工(二重窓)
  • 室内引戸に関しては防音枠を取り付け
  • 床に関しては等級ΔLL-3のカーペット貼り
  • 壁に関してはウレタン厚50、床材カーペット貼り、分厚目のカーテン
  • 換気扇に関しては密閉枠の取り付け
  • ピアノには防音防振高級インシュレーター

既存の建物に防音性能を持たせるので、防音等級を参考に騒音レベルを推定します。
あとは実際にピアノを弾いて騒音レベルを測定します。

造作家具解体前造作家具解体アップライトピアノ搬出グランドピアノ搬入 C3Sクラス
新設防音枠新設クローゼット換気扇カバーコルク壁

騒音計

騒音測定結果

3階の子供室では85~90dB程度の騒音がありますが、窓外で45~50dBまでにレベルが落ちていました。2階のリビングでも45dBでした。
隣家との境には目隠しルーバーもあり多少の距離もありますので、距離減衰などで45dB程度になっているようです。
激しい曲などは昼間に弾くとして、夜はカーテンを閉めて穏やかな曲の練習が良いみたいです。

音というのは慣れというのもありますので、防音対策が出来たとしても小さい音なりに気になってしまうこともあります。
近隣に出来るだけ迷惑を掛けないように、演奏時間を決める、早朝や夜遅くの演奏はしない等の取り決めが必要です。
また、見かけたら挨拶をして会話をするなどの良好な人間関係を作っておくことも大切なことです。

最近は新型コロナで人との接触を控える日々が続いています。家の中で過ごすことが多くなり、ピアノなどの楽器を演奏される方も増えたということです。リノベーションなどで防音室を作ることも可能ですので、お気軽にご相談ください。

DIY防音室完成しました! – Spherical Image – RICOH THETA

改装前はこちらをご覧ください

東向日の家 修繕工事竣工

東向日の家はインテリアコーディネイトをして10年近く経ちました。今回は建物の外周をメインに修繕工事監理を依頼していただきました。
築17年で、外観も少し痛みが見られるようになっていました。

  • 屋根工事に関しては、カラーベスト葺きが剥げていたり一部割れていました。
    → 補修を行いフッ素樹脂塗料塗りを行いました。
  • 外壁工事に関しては、側面と背面の金属製サイディングのシールが剥がれていました。
    → 高耐久性シールの上、トップコート塗りとし耐久性を確保しました。
  • 付帯工事に関しては、木部塗装が剥げていました。又、カーポート・バルコニー屋根が劣化していました。
    → 木部塗装は自然塗料で塗り替えました。カーポート・バルコニー屋根は新品に交換しました。

その他、給湯器、洗面水栓などの交換などを行いました。

Before : 外壁

Before : 外壁

屋根・外壁工事中

屋根・外壁工事中

After : ファサード

After : ファサード

After : 外壁・屋根・樋

After : 外壁・屋根・樋

建築は、メンテナンスが命です。個人住宅で適切な時期にメンテナンス工事を行われる方は少ないです。ここの施主様はきっちりと建物の管理をされているなと改めて確認いたしました。
適切な修繕計画を行い、修繕積立をして万事に備えることは大切なことです。

希望があれば修繕計画もいたしますので、是非お声かけください。

A保育園 エアコン取付け工事

今まで半世紀の間エアコンの無いホールで保育をされていたのですが、ここ数年の猛暑でエアコンが無いのは危険という意見が多くなって来ました。
A保育園はK大学の敷地内で、大学より電気が送電されています。電気容量には制限があり新しいエアコン増設は難しいと思われていました。
電気回路の整理、電気使用時間を設けることによりホールに待望のエアコンが取り付来ました。これで猛暑の夏でもホールで思い切り遊べる環境となりました。

エアコン取付工事 中庭側

エアコン取付工事 北側

エアコン取付工事 小ホール側

エアコン取付工事 南側

エアコン取付完了

エアコン取付完了

エアコン取付完了

エアコン取付完了

CB塀災害復旧工事竣工

T保育園のCB塀災害復旧工事が竣工いたしました。
補助金の関係で工事着工が大幅に遅れて、年度内ぎりぎりの工事でした。

割れやクラックのあったCBブロック塀が、鉄筋コンクリートの擁壁となりました。園児、保育園関係者の皆さんも安全な塀になってとても喜ばれていました。

Before : 塀(園庭側)

Before : 塀(園庭側)

After : 塀(園庭側)

After : 塀(園庭側)

Before : 塀(駐車場側)

Before : 塀(駐車場側)

After : 塀(駐車場側)

After : 塀(駐車場側)

配筋〜コンクリート壁打ち上がり

隣地との地盤の差が80cmほどあり、普通の基礎ではなく擁壁型の基礎としました。
上部にネットフェンスを取り付けることもあり、コンクリートブロック塀では構造的に無理だからです。

配筋完了

配筋完了

コンクリート擁壁

コンクリート打ち上がり

CB塀災害復旧工事開始

昨年6月の大阪府北部地震から7ヶ月が立ちまして、ようやくコンクリート塀のやりかえ工事が始まりました。豪雨や台風なども含めて災害続きで、役所の補助金関係が大変なことになっていたからです。塀も割れやクラックなどもあり危険だったので、もう少し早くできる方法を提示して欲しいものです。

CB塀解体〜地盤掘り方

CB塀解体〜地盤掘り方

既存基礎解体

既存基礎解体

コンクリートブロック塀災害復旧工事

6月末に発生した大阪府北部地震(震度6弱)は、高槻市の小学校のコンクリートブロックが倒壊するなど痛ましい事故が起きました。
T保育園の地域は震度4でしたが、コンクリートブロックや基礎などにクラックや割れが発生しました。
T保育園の東側境界コンクリートブロック塀は昭和43年に建てられました。昭和45年に補強コンクリートブロック造の塀が、建築基準法施行令に於いて基準が定められました。当保育園の塀は法律制定前に築造されていたので、被災コンクリートブロック塀は、既存不適格(※)でした。違法構造物でなくても古い建物は現在の基準を満たしていないので注意が必要です。
西日本豪雨、台風21号などの補助金などとも重なっており、役所の補助金事業なので工事が遅くなっています。
現場は危険がないようにバリケードで囲んでいますが、園庭が狭くなり運動会も園内では出来ませんでした。
早く復旧したいものです。
(※)建築・完成時の「旧法・旧規定の基準で合法的に建てられた建築物」

コンクリートブロック笠木剥落

ブロック笠木剥落

ブロック、基礎のクラック、割れ

クラック、割れ

断面プラン

既存塀断面 → 新規RC塀断面
【拡大できます】

作品集にアップいたしました

6月末に竣工いたしました『二世帯四世代の家』を作品集にアップいたしました。
ご閲覧いただければ幸いです。

事務所概要 Atelier

一級建築士事務所 ネストデザイン
杉本 考次
京都市北区紫竹西南町63-7
TEL:075-493-8020
FAX:075-493-8021
E-mail:info@nest-design.net

カテゴリー

月別アーカイブ