nest design

ブログ Blog

雑記 | 2020年3月12日

免疫力を高める

3月10日は東京大空襲から75年、3月11日は東日本大震災より9年、そして本日3月12日は新型コロナウイルスにおけるパンデミック、と3連日であらゆる災害の記念日となってしまいました。
私たちに必要なのは「正しい様々な情報を把握して的確に判断を行い対応すること」です。自分たちの出来る範囲の事を行うしかありません。
新型コロナウイルスに関しては今後しばらくは収まらないようですが、以下のような日々を送り続けることが大切になってきます。

【免疫力や抵抗力を高める】
  • 日々のほどよい運動(軽く汗ばむ程度、週に5日以上が理想)
  • 日光に当たる(特に朝日)
  • バランスの良い食事(食品:玄米、発酵食品、きのこ、根菜・緑黄色野菜、海藻、青魚・小魚、肉、豆類、果物、お茶、甘酒)
  • 身体を冷やさない(防寒着、温かい飲物、湯船につかる、湯たんぽ)
  • 笑い(楽観性、落語、漫才)
  • ストレス発散(リラックス、趣味、入浴、果物)
  • 十分な睡眠(夜更かしを避ける、7時間睡眠)
【衛生的な注意事項】
  • うがい手洗いをこまめに行う。
  • 粘膜を乾燥させずに潤す。飴やガムも効果的。
  • 他人との近距離の接触時には出来るだけマスクを着用する。マスクがない場合はハンカチを使用する。特に外では、顔を手で触れないように注意する。
  • 人が集まる風通しの悪い場所へは極力行かないようにする。
  • 基礎疾患をお持ちの方や高齢者の方は一層の防備が必要。

様々なスポーツやコンサートなどのイベント、学校関係も休講していますが、普段の生活は過剰に反応しないようにしたいものです。
ウイルスが蔓延していくと全人口の7割程度が感染してしまうようです。衛生的に注意をしていても完全な防備は不可能なので、免疫力と抵抗力を高めることが一番重要です。

皆様それぞれの立場や問題があると思いますが、自分たちの行える範囲で防備して行ってください。
皆様も今まで以上に、家で過ごすことが多くなっていると思います。居心地の良い空間にしてストレスを減らし、免疫力を高めていって頂きたいと思います。
その他 | 2020年2月24日

堺市百舌鳥古墳群

昨日は天皇誕生日と言うこともあって古代天皇の古墳を見てきました。昨年には古市古墳群と合わせて世界遺産にも登録されました。1600年前にこのような古墳群が形成されてたとは驚嘆します。4キロ四方に100基もの古墳があった(現在は40基)と言うことです。
人間の視線からは、お堀と森にしか見えませんが、堺市博物館内では300m上空からのバーチャルリアリティ体験が出来ます。古代へのタイムスリップ感覚が味わえて楽しめます!
新型コロナウィルス騒ぎで全体的に人は少なかったです。

仁徳天皇陵 正面

仁徳天皇陵 正面

百舌鳥古墳群 航空写真

百舌鳥古墳群 航空写真

町家・民家 | 2019年12月30日

近江今津とヴォーリズ建築

先日、近江今津の町歩きをしてきました。今津町は琵琶湖水運の拠点として栄えた港町です。私の師(大石義一氏)が旧今津郵便局の保存活用会(ヴォーリズ今津郵便局の会)で活躍されていまして、その勉強会に誘っていただきました。
滋賀県近江八幡を中心に活躍した建築家「ウィリアム・メレル・ヴォーリズ」は滋賀県一帯で作品が多く残っており、今津では昔からのメインストリートとされる「今津ヴォーリズ通り」に三作品が並んでいます。琵琶湖も近く、所々にかつての賑わいを感じさせる建物や、食文化なども体験できますので、是非行ってみて下さい。

旧今津郵便局日本基督教団今津教会日本基督教団今津教会
今津ヴォーリズ資料館辻子穴太積み旅館丁子屋

本年もいろいろとお世話になりました。 来年もよろしくお願い申し上げます。
それではみなさま良いお年を!

町家・民家 | 2019年11月19日

飛騨高山と白川郷

先週末に飛騨高山と白川郷の町並みを探索して来ました。
高山の町並みは、江戸末期から明治中期に建てられた屋敷が立ち並んでいます。伝統的建造物群保存地区内は「飛騨の小京都」と呼ばれています。
高山のメインとして日下部民芸館を見学に行きました。
飛騨の匠が創り出した見事な町家建築は、総檜造りで巧みな技術でありながらダイナミックな空間でした。
また、白川郷の荻野地区は世界遺産にも登録されている超有名な集落で、大小100棟余りの合掌造りが数多く残り、今も人々の生活が営まれています。
山も色付いて綺麗な町並みを堪能できました。

飛騨高山の町並み日下部民芸館 ファサード日下部民芸館 吹き抜けの梁組み日下部民芸館 土間と囲炉裏
白川郷 長瀬家住宅白川郷 和田家住宅白川郷 和田家の2階白川郷の町並み
町家・民家 | 2019年10月24日

京町家相談員の更新研修

昨日、京町家相談員の更新研修がありました。
京町家を活用するにあたっての京都市条例(建築基準法3条の適応除外)についての講習でした。
座学と現場見学があったのですが、上京区の明治時代の京町家(蔵は1700年代)の改修工事でした。敷地は500㎡、建物は300㎡という街中では非常に大きい屋敷でした。
元は糸屋で、昭和時代に眼科医院となり平成12年に廃業されて京町家を活用してもらえる人に売却されました。現在は大阪の不動産業者が所有されています。
宿泊施設2部屋と、寿司屋・割烹料理店、バーが入る複合施設に変身しておりました。
ここまで合法的に改修出来ることを確認しました。平成27年より手続きが整備されて条例が使いやすくなっています。と言いましても木造京町家の利用は8件しかないようです。
京町家も随分と活用の道が開けて来ていることを感じる内容でした。

表構え宿泊施設と庭茶室と蔵二の蔵
おくどさん火袋割烹料理店寿司屋
お知らせ | 2019年9月26日

ホームページの調整

ホームページの作品集とブログの画像等が一部不具合やバラツキがありましたので、随時調整をしております。最近の記事もいくらかアップできていないこともありまして、まとめて手を入れております。今後とも宜しくお願いします。

左京区A保育園 | 2019年9月14日

A保育園 エアコン取付け工事

今まで半世紀の間エアコンの無いホールで保育をされていたのですが、ここ数年の猛暑でエアコンが無いのは危険という意見が多くなって来ました。
A保育園はK大学の敷地内で、大学より電気が送電されています。電気容量には制限があり新しいエアコン増設は難しいと思われていました。
電気回路の整理、電気使用時間を設けることによりホールに待望のエアコンが取り付来ました。これで猛暑の夏でもホールで思い切り遊べる環境となりました。

エアコン取付工事 中庭側

エアコン取付工事 北側

エアコン取付工事 小ホール側

エアコン取付工事 南側

エアコン取付完了

エアコン取付完了

エアコン取付完了

エアコン取付完了

耐震 | 2019年7月31日

上京区京町家の耐震診断

上京区の京町家の耐震診断に行って来ました。
隣家との境が共通の柱でしたので「長屋」という形式になります。
依頼主だけでなく、隣家の方にも調査させていただきました。
診断建物は平屋建てで織機が二機あった跡がありました。西陣なので40年ほど前まではどこもかしこも機織の音が響いていた地域です。いわば個人の小さな工場ですが、使いやすさのためか中央付近の壁が少なかったです。
よくある事ですが、水回り付近の柱が沈下していました。昔は排水は土管だったので、亀裂などから土に排水が染み込み、近くの柱などは腐ったりシロアリが付いたりしているようでした。

長屋外観 昔ながらの格子

長屋外観 糸屋格子

内部 旧織機場

内部 織機があった場所

事務所概要 Atelier

一級建築士事務所 ネストデザイン
杉本 考次
京都市北区紫竹西南町63-7
TEL:075-493-8020
FAX:075-493-8021
E-mail:info@nest-design.net

カテゴリー

月別アーカイブ